不動産買取と売却を成功させたい

不動産買取はうまくいきそうだが、売却ができない。

このような事例の多くは、値付けが高すぎることに大半の原因があります。

その他のポイントも含めお話ししておきましょう。

■当該地周辺の地価や不動産物件の相場は?

まず宮城県の当該地の不動産物件について、相場価格を確かめてみてください。

相場の価格より高くはないかを比較してみましょう。

宮城県の地価平均、当該地とその周辺の地価平均。

さらに不動産として建物を含めたときの物件価格を比較してみてください。

同格の物件に対して売り出している物件が高ければ、販売価格を下げる方向で考えましょう。

■築年数・老朽化、嗜好性の強さがネックに。

宮城県内の当該物件は築年数がかなり経っていませんか?老朽化の度合いがそのまま建物に出てしまっているようでは、買い手はつきません。

場合によっては部分的なリフォームを行なったり、外壁の改修を行なったり、“建物を若々しく見せる”手段を講じる必要があります。

宮城県の不動産物件の事例では、オーナーの嗜好性が強すぎて、なかなか売却できなかったという例もありました。

■地価や不動産価格だけではなく、建物の設計や設備に独特の空間・機能がつきすぎていないかなども見直しのポイントになります。

買い手にとっては、高い買物を決断するわけですから、お得感と付加価値の有無が大事になります。

不動産買取を行なう人の目線で見直してみましょう。

宮城県内の不動産買取を決意したのと同じ気持ちになれれば、なぜ売れないのかが見えてきます。