宮城県で不動産買取と売却行うならどのくらいの期間が必要?

不動産買取と売却は、宮城県内であってもごく標準的に2カ月をみておきましょう。

スムーズにいくアドバイスも含め、ポイントをお話ししておきます。

■買取と売却・銀行融資で2カ月は必要になる。

不動産買取と購入、いわゆる買い替えには多くの要素が絡んできます。

もっとも重視すべきは資金繰りです。

銀行に融資をお願いするのであれば、融資が下りるまでの期間もスケジュールに入れる必要があります。

また宮城県内で、不動産買取の物件がすでに決まっている場合と、これからというのでは期間そのものが大きく違ってきます。

「銀行融資の申請も考慮に入れ、これから物件を探す」というのを前提にすれば、2カ月は必要になると思います。

■足下を見られてしまったら不動産買取も台無し。

不動産買取や売却の現場では良く「足下を見られる」などと言います。

売り急げば安く買い叩かれ、買い急げば値段をふっかけられます。

それは現代でもあることです。

そこでアドバイスとしてお話ししておきたいことが1つあります。

不動産買取も売却も、直接交渉というのはリスクが大きすぎるので、早い時期に不動産の仲介人(不動産売買の媒介会社)と連絡をとり、適正な価格での不動産買取・購入ができるようにすることをおすすめします。

■媒介人のプロが動けば、不動産買取も売却もスムーズ。

その分、買い換えの期間などにも余裕がもてます。

宮城県内での不動産買取の交渉期間も含めて、間違いのない読みでもっとも安全・スムーズなのは媒介人(不動産会社)に入ってもらうことです。

不動産は生き物と同じなので、買取物件を見つけるのも売却相手を見つけるのも、短日月の勝負です。

それをうまく仕切ってくれるのは、プロでしかありません。