不動産買取にいちばん良い時期は?

宮城県内での不動産買取を決めるのに、買取の時期の好機はいつだと考えるべきでしょう。

それには2つの視点があります。

ポイントをお話ししておきましょう。

■直近3年分の不動産価格の相場で決める。

不動産買取を目的とする場合、最初に行なうべきコトは宮城県内の当該地の不動産の相場を知ることです。

宮城県からもう少しエリアを絞った当該地の不動産価格(地価)が上昇していれば“不動産買取”の時期ですし、逆に下がっていれば買取の時期ではないということになります。

できれば3年度分の相場を調べましょう。

3年連続で上昇していれば、翌年も上がるというのがプロの見方です。

5年で1つの周期です。

■動機優先で巡り合わせをタイミングと考える。

もう1つのタイミングは、「不動産買取をしたい物件が見つかった」という、動機のタイミングです。

宮城県であってもなくても、心を動かされる物件というのは少ないものです。

不動産斡旋の人間に言わせると「不動産買取は時の巡り合わせ、運が悪ければめぐってこない」と語ります。

相場の上昇機運で機械的に判断するか、自分のマインドを優先するかです。

■不動産買取のタイミングは相場をみて決めるか、巡り合わせの運を買取のタイミングとするかです。

不動産買取を投資目的で行なうなら相場重視ですが、そうでないなら良い物件が見つかったときこそ不動産買取の好機と捉えましょう。

しかしだからといって盲目的になるのは危険。

宮城県内の当該地周辺の、同じレベルの不動産物件も丹念に調査し決めるべきです。